ゴーヤの食感を生かす【ゴーヤチャンプルー】Ver.1

※本サイトで紹介している商品・サービス等の外部リンクには、アフィリエイト広告が含まれる場合があります。

1.コンセプト

ゴーヤの食感を生かしたゴーヤチャンプル。鰹節をしっかりと入れることで出汁の旨みを感じられる。

2.総評

考え方は間違っていないが分量ミスが多い。ゴーヤがかなり塩辛くなってしまったのが残念。

いちママ
いちママ

ゴーヤがしょっぱかったけど他の具材と食べたらちょうどよかった。美味しかった。

3.作成時間

作業時間:30分 待機時間:6時間 合計:6時間30分

4.材料(2人分)

(1) 食材

  • ゴーヤ   1本
  • 玉ねぎ   2玉
  • 卵     1個
  • 木綿豆腐  1丁
  • 鰹節    お好み量(多め)
  • 豚肩ロースしゃぶしゃぶ用 300 g

(2) 調味料

  • 塩胡椒  適量
  • 料理酒  15 ml
  • 濃口醤油 15 ml

(3) その他

  • 塩  適量

我が家で愛用している花かつお。よく出汁を取るので業務用サイズ(500 g)がとてもありがたい。

今回使用した塩胡椒。一般的なものよりも胡椒が粗挽きで味がしっかりとしているのでおすすめ。

紀の夢たまごは濃厚かつ甘みのある味で、生食用に適した綺麗な赤玉で卵黄が大きいのが特徴。100種類以上の配合飼料を使用。トウモロコシや大豆粕・魚粉・きな粉・米油・釧路ハイミール・高級海藻粉末・2,500万年前にできた特殊な天然植土 酵素 乳酸菌 ドクダミ 等エサにもこだわりが詰まっています。

秋田のブランド豚は十和田湖高原ポークSPF 桃豚 通販 お取り寄せで、ご家庭でも食べるもよし、贈答品にも喜ばれる逸品です。

5.手順

(1) 野菜の準備

ゴーヤは下手を落とし半裁した。
スプーンでワタを落とした。
7 mm幅でカットした。
  • 今回は食感を残したかったので厚め。
  • ただもう少し薄い方が良かった。
塩をふりかけて6時間おいた。
  • 出勤前に下準備したため長めにつけおくことになった。
  • 帰ってから塩抜きした際、厚めに切ったせいで塩が抜けきらなかった。
  • 長くつけるなら薄めに切って塩も少なめにした方が良さそう。
塩を流水でしっかりと流して、しばらく水につけおいて塩抜きした。
  • 時間がなくて塩が抜けきらなかった。
  • もっと薄ければ塩が抜けるのも早かった。
しっかりと絞って水気をきり、ゴーヤを柔らかくした。
玉ねぎは半裁し、1 cm幅で切った。

(2) 豆腐の下準備

豆腐はキッチンペーパーで包んだあと、錘を乗せて6時間以上静置して水気を切った。
  • しっかりと水気を切ることで、合わせた時に水っぽくならずまた崩れにくい。

(3) 卵の下準備

卵をしっかりと解いておいた。
フライパンにたっぷりの油を引いてよく加熱した。
卵を油の中に入れてさっと加熱して取り上げた。
  • しっかりと加熱した油に入れることで卵の水分が蒸発しふわふわの卵になる。
  • 今回は卵が少なすぎて存在感が薄かったのが残念。

(4) 豚肉の下準備

鍋で豚肉を炒めた。
  • 豚の味をしっかりさせたかったので豚肩ロースを使用した。
そこに
塩胡椒  適量
料理酒  15 ml
を加えて下味をつけた。
火が通れば一度取り出した。

(5) 仕上げ

手順(4)で豚肉を炒めた鍋で玉ねぎを炒めた。
玉ねぎにある程度火が通ったら一度別皿に取り上げた。
同じ鍋でゴーヤを炒めた。
しんなりすれば玉ねぎと豚肉を入れた。
塩胡椒で下味をつけた。
豆腐を加えて豆腐を崩しすぎないように混ぜた。
温まれば鰹節と卵を入れて混ぜ合わせた。
味見をして塩胡椒で味を整えて
濃口醤油 15 ml
を加えたら完成。
  • 醤油を入れることで味が引き締まる。

6.感想

  1. 考え方は間違っていないが分量ミスが多い。特にゴーヤがかなり塩辛くなってしまった。
  2. シャキシャキとした食感は強く残っているが、塩抜きが間に合わず塩辛くなってしまった。また、少し全体との馴染みが悪いのでもう少し薄くていい。
  3. 卵は後から混ぜることで柔らかい食感が出るようにしたが、少な過ぎて存在感が薄かった。人数分以上には入れた方が良さそう。
  4. 肉はしゃぶしゃぶ用を使うことで柔らかく、全体と馴染んでいるように感じた。次回もしゃぶしゃぶ用が良さそう。
  5. 鰹は好みにもよるが、塊で口の中に入るとカツオの味しかしなくなるので、手で擦り合わせるなどして細かくしておいた方がいい気がする。

プロフィール背景画像
プロフィール画像

いちパパ

我が家のお料理担当いちパパが日々の料理(作り置き、離乳食、お菓子など)とその考察を発信しています。納得のいくものができた時もできなかった時も全て記録していきます。どういう考えで下処理や調理を行っているかは「ひとことメモ」に書いていきます。疑問に感じていたり確信が持てないことも書いていたりするので、コメントで教えてもらえると嬉しいです。

いちパパ
結婚してからまともに料理し始めたどこにでもいるサラリーマン。手間をかければかける程おいしくなることに気づき、数年前から独学で勉強し始め今に至る。料理に魅了され人生の選択肢を間違えたかもしれないと時々嘆いている。”手間をおしまない”がモットー

いちママ
ブログ・SNS(X / Facebook / タイッツー)の運営担当。ブログの話を持ちかけたら乗ってきたので後に引けなくなった機械音痴。運営がんばります。はてなブログで日記始めました。

いち
我が家の天使。離乳食をモリモリ食べてくれるのでいちパパがやる気に満ち溢れている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA